セット評価:「神河:輝ける世界」

セット評価:「神河:輝ける世界」

いよいよ発売された「神河:輝ける世界」。

久々の神河訪問の期待に応えるかのように、多くのイラスト違いに加え、アニメーション・トレーラーや初音ミクとのコラボなど、とても盛り上がっていますね。そんなお祭り真っ盛りな神河ですが、今回はモダン視点ではどのようなカードが収録されているのでしょうか。

獅子の飾緒

クリーチャーでありつつ装備品としての特性を備えるカード。《漁る軟泥》のような墓地掃除能力を持ち、パーマネントを追放すればサイズアップしていきます。

フェッチランドが存在するモダンでは、墓地にパーマネントがある確率は高く、《ドラゴンの怒りの媒介者》などへの妨害にもなります。クリーチャーであり装備品であるため、《石鍛冶の神秘家》《鋼打ちの贈り物》《帝国の徴募兵》《ウルヴェンワルド横断》《召喚の調べ》など、多くのカードから探し出せます。

扱いやすい墓地メタカードとして、サイドボードを中心に採用の可能性がありそうです。

冥途灯りの行進

虹色の終焉》に似た追放除去が収録されました。《虹色の終焉》では《敏捷なこそ泥、ラガバン》の疾駆に対応できない問題がありますが、こちらはインスタントであるため、柔軟な対応が可能です。

とは言え、《虹色の終焉》と違い最低限支払う必要のある白マナはX部分にカウントされないため、常に一手遅れた対処しかできません。

ウルザの物語》やミシュラランドを1マナで対処できる点は評価できますが、モダンホライゾン2のリリース以降テンポの重要さが増しているモダンにおいては、優先して採用されるほどのスペックを持ったカードとは言えなさそうです。

サイドでの採用はあり得るので、2枚くらい押さえておきたいですね。

魅知子の真理の支配/魅知子の肖像

裏面がお笑い芸人さんを思い起こさせる…

1・2章で《きらきらするすべて》のようなパンプを与え、3章で変身後は生物版《きらきらするすべて》となる英雄譚。

親和やハンマータイムでの採用が見込まれ、特に親和では追加の《頭蓋囲い》あるいは入れ替え先として要注目です。

放浪皇

瞬速を持ち、なおかつ戦場に出たターンであるならばインスタントタイミングで能力を起動できるプレインズウォーカー。

白の4マナのプレインズウォーカーとしては、これまでに《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》や《遍歴の騎士、エルズペス》が使用された実績があります。これらと比較した際に、《ゼンディカーの同盟者、ギデオン》や《不屈の英雄、エルズペス》は主にサイドボード後に追加の脅威として使用されていましたが、《放浪皇》はそうした役目ではトークン生成がマイナス能力であるため、不向きです。

となると、メインボードでの運用となります。瞬速を活用することで除去として使用できるため、青白コントロールでの採用は検討できるでしょうか。

その場合、基本的に除去から入ることとなりそうなので、忠誠値が1になった状態では2/2警戒トークンを生成して自壊するか、おおよそ置く対象がいないであろうプラス能力を起動するのみになりそうです。2/2警戒トークンは、おそらく一度のチャンプブロックで消え去るでしょうし、プラスで忠誠値2になったとしてもすぐに処理されてしまうでしょう。

除去に加えて、トークンの生成あるいは実質的にダメージを軽減してくれることで、カード2枚分の働きはしています。ですが、除去としては4マナは非常に重く、プラスαの部分も強いとはとても言えない内容であるため、モダンで積極的に使われることはないでしょう。

現実への係留

装備品と機体に限定された《修繕》。

現段階では使い道はありませんが、将来的には可能性のあるカードですので、安い内に持っておきましょう。

攪乱プロトコル

追加コストを要求される《対抗呪文》。

アーティファクトを多く使用するデッキでは5枚目以降の《対抗呪文》として検討できますが、問題はそのようなデッキではそもそも《対抗呪文》ではなく《金属の叱責》が優先されている点です。となれば1・2枚目の《対抗呪文》には当然《対抗呪文》が入りますので、既存のデッキに組み込まれる可能性は非常に低そうです。

月罠の試作品

バネ葉の太鼓》の亜種。魂力により、複数枚引いた際にも仕事が用意されています。

バネ葉の太鼓》と違って無色マナしか生み出せず、逆に唱えるためには青マナを要求されているため、想像以上に使いにくいカードです。マナを生み出すためにアーティファクトも利用できる点や、《否定の力》のコストとなることは嬉しいですが、現状では多く使われることはなさそうです。

記憶の宝球

急使の薬包》の上位互換。起動にタップが不要になった上、魂力で最低限のキャントリップまで備えています。

そもそも《急使の薬包》が使われていませんが、魂力によって昂揚の助けになったり、《夢の巣のルールス》での再利用も可能であるため、グリクシスシャドウでの長期戦を見据えたカードとしては僅かながら可能性がありそうです。

現実の強奪

アーティファクト限定の《時を越えた探索》のようなカード。

比較対象としては、《物読み》や《思考の監視者》となるでしょうか。フードパッケージを備えたウルザズキッチンのようなデッキが採用先として考えられますが、アーティファクトがある程度並んだうえで、アーティファクトを探し出したい場面というのも考えづらく、今のところは使い道はなさそうです。

しかし、書かれていることは優秀なので、将来性を見据えて揃えておきたい1枚ですね。

現実チップ

装備することで《未来予知》となるクリーチャー兼装備品。既に少数ながら、このカードを1枚採用したハンマータイムが出始めています。

獅子の飾緒》のように多くのサーチサポートを備えるため、アドバンテージを稼ぎ出せる1枚としてこの先も少数の採用は行われそうです。

現実の設計者、タメシ

土地をバウンスすることで、墓地のエンチャント・アーティファクトを再利用できる伝説のクリーチャー。

ウルザの物語》やアーティファクトランドも回収対象となっており、青白ウルザソプターなどで採用の可能性があるでしょうか。

比較対象としては、《湖に潜む者、エムリー》が挙がりそうです。《湖に潜む者、エムリー》は最高1マナで唱えられますが、《現実の設計者、タメシ》は複数回その能力を起動できますし、エンチャントも範囲内です。デメリットとしての土地バウンスを上手く処理できるかどうかで、どれだけこのカードを有効に扱えるかが決まってくるでしょう。

なお、ドロー能力は《ドライアドの東屋》では誘発しませんので、気をつけましょう。

肉体の裏切者、テゼレット

久しぶりに登場したテゼレット。《知識の渇望》のようなプラス能力に、《ボーラスの工作員、テゼレット》のようなアーティファクトを恒久的に4/4にする能力、莫大なアドバンテージを得られる奥義と非常に優れた能力で固められています。

また、常在型能力によってアーティファクトの起動にかかるコストを2軽減できますが、《バネ葉の太鼓》などを起動してしまうとその権利を消費してしまうため、扱いには注意が必要です。

プラス能力でアドバンテージを稼ぐためにも、マイナス能力で4/4にするためにも、デッキ内の多くをアーティファクトで固める必要があるため、モダンでは青白ウルザソプターなどに可能性を感じられます。どうしても常在型能力のコスト軽減を活用したくなりますが、そのためにデッキの構造を歪めると結果的にデッキが弱くなりそうです。

ボーラスの工作員、テゼレット》は色こそ違いますが、同じマナ総量であり、入り得るデッキも似通ったものであるため、比較対象となるでしょう。それぞれに良さがありますが、アーティファクト以外の呪文を探せるか、クリーチャー化した際のサイズを求めるか、奥義に何を求めるかでどちらを使うべきかは変わってくるでしょう。

同セットに収録されている、《勢団の銀行破り》や《蜥蜴丸》との相性も良いため、新しいデッキが出てくるか楽しみですね。

蜥蜴丸

二段攻撃を備えるクリーチャー兼装備品。

このシリーズの多くに言えることですが、《発掘》などで戦場に戻せるため、《稲妻の骨精霊》を扱うスカルシュートのようなデッキで可能性を感じられます。

孤独な鍛錬

クリーチャー1体で攻撃するたびに衝動的ドローが誘発するエンチャント。イゼットマークタイドのような、比較的少ないクリーチャーで攻撃を行うデッキでは、サイドボード後のアドバンテージ獲得手段として、一定の可能性はあるでしょうか。

過去のモダンでは《前哨地の包囲》が同じような役目を担ったことがあり、それと比べてコストは半分ですが、クリーチャーでの攻撃が必要となります。また、クロックを追加することもできないため、コストの軽さ以上に扱いにくさが上回ってきそうではあります。

現在は、サイドボード後のアドバンテージ要員としては《精神を刻む者、ジェイス》が使用されていますが、それと比べた際にもできる仕事の幅に違いがありすぎるため、既存のデッキにすぐに組み込むことは少々難しいかもしれません。

多色

巨大な空亀

2つの魂力を持った大型クリーチャー。マナ総量が3点以上であるため、カスケードクラッシュや死せる生に組み込めます。

1つ目の能力は一度使用した続唱呪文やサイド後であれば対策カードの回収に、2つ目は厄介なクリーチャーの対処に扱えます。一見柔軟に扱えそうですが、現状これらのデッキにとって厄介なのは《虚空の杯》や《時を解す者、テフェリー》、《安らかなる眠り》など、このカードで対処できないものが中心であり、現状では使われることはなさそうです。

とは言え、《否定の力》《活性の力》のコストになりつつ、一定の仕事をこなせるカードではありますので、持っておきたいカードではありますね。

大牙勢団の総長、脂牙

戦闘の開始時に機体を速攻つきで釣り上げられるクリーチャー。一種のコンボパーツでありながら、3マナ4/3と自身も最低限のスペックを備えています。

現状最高レベルの機体である《パルヘリオンⅡ》を釣り上げることで話題となっており、実現すればいきなり空からの13点攻撃と、とんでもない動きにはなります。

この手の能力は自身が攻撃していることをトリガーとする場合が多いですが、《大牙勢団の総長、脂牙》はそれを必要としておらず、唱えたそのターンに《パルヘリオンⅡ》へと繋げられます。ただし、エスパーリアニメイトで既に実績のある《無名の墓》は《パルヘリオンⅡ》が伝説であるため使用できず、《信仰の繕い》のような手札入れ替え手段などを用いて墓地に落とす必要があります。

現実への係留》と同じく、将来性は大いにあるカードですので余裕があれば集めておきたいですね。

漆月魁渡

ディミーアカラーの新顔プレインズウォーカー。

3マナと軽く、戦場に出たターンの終了時にフェイズ・アウトするため、《邪悪な熱気》や《天界の粛清》などのインスタントでの対処を除けば、次のターンまで残る保障がされています。プレインズウォーカーは、いかにして次のターンまで残すかが課題の1つであるため、この能力はとても強力なのですが…、如何せん忠誠値能力にそれほど魅力がありません。

特にマイナス能力は、忠誠値2を使って1/1を出すだけであり、「ブロックされない」能力は強力であるもののプレッシャーは皆無に近いです。プラス能力との相互作用もあり、決して悪いことは何一つ書かれていないのですが、カードプールが広がり強力なカードで溢れる現在のモダンでは、今一つな立ち位置となってしまいそうです。

鉄の弟子

電結の働き手》の亜種。《電結の働き手》との違いは、《鉄の弟子》は+1/+1カウンターだけでないすべてのカウンターを強制的に移動する点です。

近頃のカードには、先制攻撃や到達のようなキーワード能力もカウンターとして取り扱うものがあり、そうした要素を含んだデッキであれば、《電結の働き手》の上位互換になりえます。

電結の働き手》を採用しているデッキとして鱗親和がありますが、そもそも《電結の働き手》の採用枚数が減っており、なお且つ+1/+1カウンター以外のカウンターを扱っていません。《微光蜂、ザーバス》も加わり、以前よりもスロットが埋まってしまっている鱗親和の現状では、使用される可能性は低いでしょうか。

勢団の銀行破り

精神迷わせの秘本》を思わせる能力を持った機体。最大3回ドローした後、操縦士トークンによって搭乗コストを自己完結できます。

一時はエルドラージトロンで4枚採用されたりもした《精神迷わせの秘本》ですが、現在ではその枚数を減らしていますし、《精神迷わせの秘本》のようにマナを支払わない選択肢がない点は痛手です。とは言え、《作り変えるもの》や《難題の予見者》を唱えたターンに搭乗して攻撃できるようにメリットもあり、採用の可能性は十分にありそうなカードです。

土地

魂力土地

非常に注目を集めている今回のレア土地サイクル。中でも、大注目の《耐え抜くもの、母聖樹》についてはこちらの記事で既に取り扱っていますので、是非ご参照ください。

これら5枚の土地すべてに言えることですが、土地のスロットで呪文を追加できるようなものであり、どれもが非常に強力であることは間違いありません。タップインのようなデメリットもないため、マナベースに問題がなければ、色の合うものを数枚採用する価値がすべてにあるでしょう。

必要であれば土地として出し、マナに余裕があれば能力を扱えるとても柔軟なカードですが、基本的には《ロークスワイン城》のような戦場で能力を起動できる土地には劣っていると言えます。

サイクルすべてに言えることとして、呪文でなく起動型能力であるため《押しつぶし》など非常に限られた手段でしか妨害されず、色も持たないため、プロテクションなどに邪魔される可能性も低いです。マナベースに余裕があり、かつ他に優先される土地がないのであれば、あらゆるデッキで数枚の採用を検討しましょう。

閑静な中庭

手付かずの領土》の上位互換。クリーチャーを唱える以外に能力起動にも使用できるようになりました。

部族デッキ自体が減少している今のモダンではありますが、人間やゴブリンなどにとっては嬉しい収録でしょう。

総括

以上、「神河:輝ける世界」に収録された、モダン目線で気になるカードを取り上げてきました。セット全体のイメージとしては、モダンに大きな影響を与えるほどのカードはなく、通常セットらしいカードの追加に留まっていると思われます。

本セットでは《耐え抜くもの、母聖樹》が良くも悪くも話題となっていますが、おそらく話題になっているほどの暴れ方はモダンではされず、便利な1枚程度に収まるのではないかと考えています。また、今回は神河が舞台ということで忍術を持ったカードも収録されましたが、モダンで活躍できそうなカードがなかったことは非常に残念です。

次のセットは、「ニューカペナの街角」。まったく新しい次元での物語となりますが、どのような世界観となるのか、またモダンにはどんなカードが登場するのか、今から非常に楽しみですね。

セット評価カテゴリの最新記事