青白コンのすすめ①(基本編)

青白コンのすすめ①(基本編)

こんにちは、最近の主食はプロテインの社畜ぺんぺんです。(ZAVASのヨーグルト味はおすすめです)

PWで圧倒せよ!アゾリウスコントロール』で紹介されたアゾリウスコントロール(以下、青白コン)について、このデッキの魅力やゲーム中の考え方などについて掘り下げていきたいと思います。

そもそも青白コンとは?

青と白で構成された、妨害・アドバンテージの獲得・フィニッシャーでゲームを決めるコントロールデッキです。

青白コントロール
ぺんぺん使用デッキ 2021/12/6
– メインボード(60)-
– 土地(25) –
4《溢れかえる岸辺
4《沸騰する小湖
1《ラウグリンのトライオーム
2《神聖なる泉
1《天界の列柱
2《ストーム・ジャイアントの聖堂
3《秘教の門
2《ヴァントレス城
4《
2《平地
– クリーチャー(4) –
4《孤独
– スペル(31) –
4《対抗呪文
4《広がりゆく海
4《大魔導師の魔除け
3《時を解す者、テフェリー
2《記憶の氾濫
3《至高の評決
2《ドミナリアの英雄、テフェリー
3《サメ台風
2《虚空の杯
4《虹色の終焉
– サイドボード(15) –
1《孤児護り、カヒーラ
1《狼狽の嵐
1《天界の粛清
2《黄昏の享楽
2《安らかなる眠り
2《ドビンの拒否権
1《倦怠の宝珠
1《否定の力
2《緻密
1《引き裂く突風
1《仕組まれた爆薬

このデッキに限らず、コントロール全般にいえる話ですが、『原則はゲーム後半になるほど有利になる』『対戦相手の行動を後出し対応することが多い』点から、互いの得意なゲームレンジやゲームプランを意識してプレイすることが大切になります。

※ 得意なゲームレンジについては『ジェスカイコンのすすめ①』をご参照ください。

序盤は唱えられるカードが少なく、軽いカードに圧倒されるが・・・

ゲーム後半は前半の恨みを各カードが報復♪

青白コンの強み

ゲームをコントロールするカードを多く採用できる

青白のカラーリングは、《時を解す者、テフェリー》や《至高の評決》、《ドビンの拒否権》など、ゲームをコントロールする強力なカードを採用することができます。

特に《時を解す者、テフェリー》はコントロールミラーや続唱デッキ、ミッドレンジデッキなど、不要なマッチが少ないカードで、色が合わないため採用ができない青黒や青赤デッキにはないメリットです。

ゲームをコントロールしたがる方々

大体の相手と対等に渡り合える

当然、デッキの構成にもよりますが、青白コンは『除去』『打ち消し』『アドバンテージの獲得』『フィニッシャー』で構成されているため、殆どのデッキに対して対等に戦うことができます。

ハンマータイムのように2ターン目に20点以上ライフを奪う、いわゆる『ぶんまわり』はありませんが、どのようなデッキに対しても常にチャンスが欲しい!という人におすすめできるデッキです。

何でもできるぞ!

サイドボードのミスが起こりづらい

上記の通り、青白コンにはどのような場面にも対応できる各カードが採用されていますが、イゼットテンポに対する《広がりゆく海》や死せる生に対する《虹色の終焉》、青白コンミラーによる《至高の評決》といった、相手次第では不要となるカードもあります。

必要とするカード、不要となるカードがはっきりしているため、他のデッキよりもサイドボードミスが起こりづらいデッキでもあります。

不要なカードがわかりやすくてサイドボードが簡単!

色に余裕がある

青白コンは3色以上のコントロールデッキよりも色に余裕があり、《天界の列柱》や《ストーム・ジャイアントの聖堂》といった、強力なフィニッシャーとなるミシュラランドを採用できるので、プレイヤーや相手のPWにも圧力をかけることが可能です。

また、基本地形を多く採用する余地もあるので、血染めの月》に対してある程度の耐性もあります。

強力なミシュラランドの採用が可能!

血染めの月対策がある程度可能!

安らかなる眠りを採用できる

青白コンは墓地利用カードが少ないため、強力な墓地対策である《安らかなる眠り》を採用できます。

これにより、イゼットテンポの《ドラゴンの怒りの媒介者》やエスパーリアニメイトの《信仰の繕い》、ドレッジの《秘蔵の縫合体》など、墓地を利用及び参照する各カードを陸に上がった魚の様に弱らせることが可能です。

多くの墓地を利用・参照するカード達を弱くする!

青白コンの弱い点

何でもできるが何もできない

上記に繋がる話になりますが、『なんでもできる』ということは『相手によっては何もできない』ことの裏返しになります。相棒が公開されている場合は、相棒の情報からキープ基準を決められますが、公開がなければ『とりあえずキープ』になりがちです。

その結果、トロン相手にカウンターや《広がりゆく海》がない手札でキープした、カスケードクラッシュ相手に《広がりゆく海》や《ドミナリアの英雄、テフェリー》の手札をキープした等、かみ合わずに負けることもしばしば発生するので、戦目は負けやすいデッキでもあります。

手札に集まるほど渦まく知識が欲しくなる

速度の早いデッキに負けやすい

軽いカードに強い《虹色の終焉》や《虚空の杯》を採用しているものの、常に初手にあるわけでないため、ハンマータイムやバーンのような早いデッキには間に合わずに負けることもしばしばあります。

記憶の氾濫》や《ドミナリアの英雄、テフェリー》といった4マナ以上要する重いカードは強力ですが、唱えられないと不要札でしかないので、手札に集まると勝利することは絶望的です。

高みの見物を決め込む方々

ローグデッキが苦手

青白コンは相手のゲームプランやマストカウンターを想定してデッキを構築&ゲームを進めますが、それらを想定していないローグデッキには『適したプレイングができない』『不要なカードが多いが、サイドインできるカードが殆どない』等も発生します。

当然様々なデッキやカードの把握、経験等によりこれらは改善できるものの、受け手となるデッキでサイドボードの枚数も限られる以上、ある程度の割り切りも必要となります。

環境の座を取り戻そうとする人たち

最後に

いかがだったでしょうか。

青白コンはゲームの前半はできる行動も少なく劣勢に立たされますが、ゲーム後半に劣勢を巻き返す気持ちよさは一度体感すると病みつきになりますので、ご興味のある方は是非一度手に取ってみてください。

次回はメインに採用している各カードについて解説したいと思いますので、最後までお付き合いいただけますと幸いです。

デッキ解説カテゴリの最新記事