セット評価:「イニストラード:真夜中の狩り」(後編)

セット評価:「イニストラード:真夜中の狩り」(後編)

2021年9月24日に発売となる、「イニストラード:真夜中の狩り」。

この記事は、当該セットに含まれる赤色以降のカードを取り扱う後編になります。前編については、こちらをご覧ください。

※想像以上に多数であった為、前後編にてお届けしています。

血に飢えた敵対者

2マナ2/2速攻と、許容できる程度のスタッツを持っています。追加コストを支払う事で、自身の強化と墓地から3マナ以下のスペルのコピーを唱える事もできます。

少し扱いづらくなった《瞬唱の魔道士》と言ったところでしょうか。《稲妻》や《邪悪な熱気》等を使い回し、除去やライフを攻め立てる動きが可能です。

アグロデッキにおいて、5マナ域まで伸びる事はあまり想定されておらず、ゲームが押されている場合が多いです。そうした状況で、速攻と火力でライフを詰められるこのカードは、悪くない選択肢でしょう。とは言え、2マナで唱える分には強い訳ではないですので、複数枚の運用は難しいカードですね。

~ テイク ~

安堵の火葬

クリーチャーかプレインズウォーカー(以下、PW)に3点か、最大2枚のルーティングを行える、魔除けサイクルのような柔軟な選択肢を持ったカード。

ルーティングでなく、アーティファクト破壊を持った《削剥》とは似て非なる存在です。《安堵の火葬》は手札交換の能力からメインボードに適しており、《削剥》は、アーティファクト破壊については相手を選ぶ為、どちらかと言えばサイドボード向きのカードです。

ルーティング能力から、ドレッジのようなデッキでの運用も検討されます。デッキ本来の動きをある程度維持しながら、除去呪文をメインボードから扱える為、これまで以上に柔軟なデッキへと昇華させてくれる可能性もありそうです。

霊炎貯蔵器

火力やリソースの確保のできる1枚。デッキの中身がインスタントやソーサリーで固められているデッキで使用すると、蓄積カウンターは自然と貯まっていきます。

そのようなデッキはコンボデッキ寄りである傾向があり、このようなカードは主にリソース勝負を行う為のサイドボードとして、運用されます。そうした際に、一時的なリソース確保が出来る下の能力には、蓄積カウンターを必要としない為、定着後は多くのリソースをもたらしてくれる事でしょう。

似たような仕事をこなせるカードとして、《火想者の研究》が存在しています。青を含むか否かの違いこそありますが、設置にかかる3マナを許容できるのであれば、今回の《霊炎貯蔵器》の方が少しだけ扱いやすいかなという印象を受けますね。

~ テイク ~

太陽筋のフェニックス

最近のフェニックスは強いですね

新たなフェニックスの登場です!日が落ちたり登ったりする際に、2マナを支払う事で舞い戻ります。

相手のターン開始時にも昼夜は変わり得る為、相手のターンに帰ってくる事ができれば、次のターンに攻撃を行える為強力ですね。

カードとしては十分強力ですが、現状扱えそうなデッキはありません。このカードを活用できる新たなデッキの登場に期待しましょう。

~ テイク ~

Advertisement

秋の占い師

クルフィックスの狩猟者》に似た能力を持つカード。タフネスが1下がっているのは《稲妻》が飛び交うモダンでは心許ないですが、ライブラリートップを見られるのは自分だけである為、相手に情報を与えないのは利点です。

また、集会が開かれている際には、クリーチャーもライブラリートップから登場させる事ができます。

クルフィックスの狩猟者》に比べ、サイズがダウンし、ライフゲインを失いましたが、場合によってはクリーチャーをライブラリートップから唱えられるこのカード。十分に可能性の感じられる、良いカードなのではないでしょうか。

~ テイク ~

収穫祭の襲撃

マナ総量が5以下のパーマネントカードを、最大2枚戦場に出す。このテキストを見た時にパッと思いつくのは、2枚コンボを搭載したデッキでの運用でしょう。

サヒーリ・ライ》と《守護フェリダー》を備えるコピーキャットや、《太陽冠のヘリオッド》と《スパイクの飼育係》を備えるヘリオッドカンパニー等、2枚コンボを備えるデッキは一定数存在します。

6マナ、緑のトリプスシンボルと、とても扱いやすいカードとは言えませんが、少しばかりの可能性は感じさせてくれる面白いカードです。

~ テイク ~

掘り返し

非常に器用なサイドボード要員となってくれそうな1枚。ある時は《ひっかき爪》のような墓地掃除、ある時はバーン等に対するライフゲイン、ある時はライブラリーアウトに対するライブラリーの修復、とこれ1枚で様々な仕事をこなせます。それも、フラッシュバック込みで2回も!

モダンは群雄割拠と言われるだけに、サイドボード15枚の選択に悩まされる事も少なくありません。そうした環境において、《掘り返し》のような器用なカードは、サイドボードのスロット節約に大いに貢献してくれる事でしょう。

レンと七番

レンは何番までいるのだろうか。レン第2弾は、7番です。5マナのPWとして登場したこのカード。能力は土地に起因するものばかりです。

+1能力は、土地カードを加え、残りを墓地へ置くというもの。4枚の中からである為、土地枚数が多めのデッキでなければなかなかリソース確保とはいかないかもしれません。しかし1枚で複数の土地を得る事ができる可能性もある為、専用構築を作る事も検討してみたいです。

0能力は、《マナ結合(Manabond)》のように土地を全展開もできる豪快な能力。+1で得た土地を場に出す形でしょうか。出てくる土地がタップインである為、いきなり使えるマナが増えました!とは残念ながらなりません。

-3能力で、土地枚数分のパワー/タフネスと、到達を持ったトークンを生成します。本体が5マナという事もあり、それなりのサイズのトークンを生成する事ができるでしょう。この能力から入れば、自身を守りながらリソースを確保していく動きが可能となります。

奥義はパーマネントカードを回収し、手札の上限もなくなるというもの。+1で落としたクリーチャー等を回収する事で、大幅にリソースを確保できます。とは言え、奥義を使うよりもトークンを出した方が強い場面が多そうではあるので、臨機応変に起動したいですね。

既存のデッキで採用されるとなると、パッと思いつくのはアミュレットタイタンでしょうか。サイドボード後に軸を少しずらして、ロングゲームを見据えて投入される機会が多そうです。《死者の原野》が無くて本当に良かった。このカードを中心に据えたモダン版土地単のようなデッキが出てきたら面白いですね。

~ テイク ~

Advertisement

多色

秘儀の注入

深遠の覗き見》の亜種。赤を加える事で、掘れる枚数こそ1枚減りましたが、フラッシュバックが付与されました。今回のフラッシュバック全般に言える事ですが、フラッシュバックコストが重めに設定されており、《秘儀の注入》も5マナと決して軽いとは言えません。

過去には、青赤ストームやアドグレイスなどで《深遠の覗き見》が採用されていた時期がありましたが、現在では土地としても活用できる《シルンディの幻視》が優先される傾向にあります。カードとしては悪くありませんが、使うデッキが現状無さそうと言う他ありません。

先の2つのデッキよりは、青赤ベースのコントロールデッキの方が可能性がありそうですが、《表現の反復》もある中、果たして枠があるのか…。登場した時期が悪いカードとなってしまいそうです。

縫込み刃のスカーブ

2マナのゾンビのロード。これまでゾンビのロードと言えば、《戦墓の隊長》が存在していましたが、ようやく2マナ域でのロードの登場です。

本セットには、このカード以外にも《滅びし者の勇者》、《穢れた敵対者》とゾンビデッキの可能性を感じさせてくれるカードが収録されています。

タフネスこそ強化されませんが、部族デッキにとって2マナのロードの存在はとても大きなものです。既に存在している《墓所這い》《ゲラルフの伝書使》等、優秀なゾンビたちと組み合わせたデッキの誕生に期待がかかりますね。

信仰の繕い

赤が抜け、1マナ重くなり、色拘束もキツくなりましたが、その分インスタントになって2点ゲインも付与された、《信仰無き物あさり》。

信仰無き物あさり》のような爆発力こそありませんが、インスタントである為、柔軟に動く事が可能です。ドレッジのデッキカラーを変えてしまう可能性すらあるのでしょうか。

ドレッジ以外でも、青白コントロールのようなデッキでの運用も十分検討に値するカードであると思われます。ハンドアドバンテージこそ失いますが、2点ゲインをしながらの手札交換は強力で、コントロールが常に抱えている対処札を引き当てなければならない問題を、いくらか改善してくれます。失うハンドアドバンテージを回復する手段は豊富に存在していますし、こちらの方が現実的な運用なのかな?と現時点では思えますね。

グール呼びの収穫

2マナで腐乱持ち2/2ゾンビを複数展開できる(可能性のある)カード。おまけにフラッシュバック付き。クリーチャーの数で押すデッキで使うというよりは、出たクリチャーを何らかのコストに充てるなどして使うほうが、強い運用ができそうな一枚です。

最近では、生贄系のコンボデッキはヨーグモス医院と呼ばれる《スランの医師、ヨーグモス》をメインに据えたデッキが主流ですが、このカードはそれ以前の《戦列への復帰》でクリーチャーを確保しながら、《ズーラポートの殺し屋》と《臓物の予見者》で勝利する古いタイプでの、追加の生物確保カードになりうるかもしれません。

コストも2マナと軽く、フラッシュバックもあるので一度適当なタイミングで使用し、準備が整えば墓地から唱える事ができるのも嬉しい要素です。先に述べたように現在はヨーグモス医院にお株を奪われてはいますが、このカードの登場で元祖生贄系コンボとして再度モダン環境に姿を現すかもしれません。

ドーンハルトの主導者、カティルダ

悪斬の天使》以来の謎プロテクション

人間を《極楽鳥》にする能力と、《ガヴォニーの居住区》のような恒久的なパンプ能力を持った人間。クリーチャータイプ:人間であり、緑白の2マナと、人間デッキが受け入れられる水準は満たしています。

人間デッキは《霊気の薬瓶》を用いる事から、土地からのマナを必要とする機会も一般的なデッキに比べれば少なく、横に並ぶ数も比較的多い為、パンプ能力を活用できる場面も少なからずありそうです。

伝説のクリーチャーである上、単体では弱小な為、複数枚の採用は難しそうですが、1、2枚の採用であれば検討の余地はありそうです。

年経た枝指

支払ったXマナに等しい枚数のクリーチャーを墓地に落とす、《ルアゴイフ》系のクリーチャー。クリーチャーを多く採用したデッキであれば、無理にXを支払わずともある程度のサイズが期待できます。

墓地を活用しつつ、クリーチャーを多く採用しているデッキなら、数枚の採用は検討しても良いかもしれませんね。

調和の儀式

垣間見る自然》系統の1枚。モダンで使用可能なカードとしては、《唯々 // 諾々》に続いて2枚目となり、計8枚採用が可能となりました。また、今回はエンチャントにも反応する為、エンチャントレスのようなデッキにも採用の可能性があります。

問題は、そもそも《唯々 // 諾々》を活用したデッキがモダンに存在していない事でしょうか。レガシー以下で見られるコボルドストームでは、《Kobolds of Kher Keep》をはじめとした0マナクリーチャーが多数見受けられますが、モダンでは《メムナイト》《羽ばたき飛行機械》の2種類しか現実的に扱えるものがありません。

エンチャントレスにしても、《女魔術師の存在》と《収穫の手、サイシス》と同様の能力を持ったものが、既に十分な数存在していますし、どうにも積極的に使われるデッキは現状無さそうです。

日の出の騎兵

人間デッキの新戦力。トランプルと速攻を持ち、アグロ的に立ち回る事のできるこのカード。

昼夜が入れ替わる度に、自軍のクリーチャーを強化する事のできる能力まで持っています。素の戦闘能力が高いので強化する能力はタイミングが合えば程度かとは思いますが、自身も強化の対象なので詰める時には役立ちます。

ただしモダンの人間デッキの3マナ域は激戦区である事に加え、パンプ能力が誘発しなければメリットがあまりないカードなので、採用されても少ない枚数なのかもしれません。個人的にはあまり枚数を取りたくないですね。

~ テイク ~

Advertisement

両面

心悪しき隠遁者

置きクリーチャー以外への《マナ漏出》。2マナなので、《夢の巣、ルールス》で使い回せるのは、非常に強力。また、人間でもあるので枠さえあれば人間デッキにも入ってくるかもしれません。裏面も、無視できる能力ではなく、コンボデッキが安全にコンボを決めるのに、一役買ってくれるかもしれません。それには、少々重すぎる気もしますが……

~ テイク ~

戯れ児の縫い師

インスタントかソーサリー呪文を唱える事で、2/2ゾンビ・トークンを生成してくれる人間・ウィザード。生成されるトークンは腐乱を持っている為、そのまま使用するには攻防ともに使いづらさが目立ちますが、自身の裏面の能力によりその弱点を補っているところは中々おもしろいですね。

どちらかといえばメインボードに採用するというよりも、青を含むコントロールや軽量スペルを多用するコンボデッキのアグレッシヴサイドボーディング要員として、居場所を見つけられる可能性があります。似た例としては、青白コントロール系統が扱う《僧院の導師》が挙げられるでしょう。

余談ではありますが、裏面の能力の影響範囲は、このカードによって生成されたゾンビ・トークンだけでなく、あなたがコントロールするすべてのクリーチャー・トークンです。他の方法で生成されたクリーチャー・トークンも全ての能力を失い3/3となる為ご注意を。(大抵の場合、トークンのサイズアップとなりプラスに働くと思いますが…)

~ SMZ3 ~

墓地の侵入者

墓地へのヘイト能力を持ったクリーチャー。戦場に出るだけで1枚は追放できますし、もし夜であったなら2枚追放できます。

3マナ3/3と最低限のスペックを持つ上、護法は《現実を砕くもの》と同様である為、その除去耐性のいやらしさは想像し易いでしょう。

裏面ではクリーチャータイプから人間を失いますが、「日暮/夜明」のルール上、唱える際には常に表面です。それ故、人間デッキで採用する際にも、常に《魂の洞窟》のサポートを受ける事が可能です。

変身後の4/4というサイズは、十分以上のクロックとなりますし、先の護法から通常の除去呪文に対しては、1:2交換を強いる点も魅力的な1枚です。

くすぶる卵

氷の中の存在》のようなカード。タフネス4は《敏捷なこそ泥、ラガバン》を受け止め、《稲妻》にも耐えられる為、最低ラインは備えています。

インスタントやソーサリーを唱える際に、支払ったマナの点数分のカウンターが乗るので、探査呪文と組み合わせるとあっという間に変身可能です。

変身後は、4/4飛行のスタッツに加え、インスタントかソーサリーを唱える度に《ショック》が飛ぶ非常に攻撃的なスペックとなります。過去には、《氷の中の存在》と《紅蓮術士の昇天》を組み合わせた存在昇天と呼ばれるデッキも存在していましたし、似たようなデッキでの運用に可能性を感じられます。

辺境地の罠外し

昼の面は、賛美を失い緑単色になった《クァーサルの群れ魔道士》、もしくはシングルシンボルになって起動も軽くなった《ヴィリジアンの盲信者》。夜の面は、昼の面の能力を引き継ぎつつ《三角エイの捕食者》に近い能力を持っています。(こちらは攻撃するだけで誘発するので使い勝手も良さそうです)

モダン環境では強力なエンチャントやアーティファクト(《ウルザの物語》、《安らかなる眠り》、《虚空の杯》、各種装備品等)が多数存在する為、最低限クロックとして機能しつつ、それらを対処できるこのカードは非常に使い易い良いカードと言えるのではないでしょうか。

最近の流行であるジャンドサーガは、エンチャントへの対処が苦手な為、《夢の巣のルールス》や《コラガンの命令》で使いまわす事ができるこのカードは、サイドボードで輝く一枚となるのではないかと思えます。

群れの希望、アーリン

アーリンは再び変身する。イニストラードの世界でしばしば登場するアーリンですが、表面ではクリーチャー呪文に瞬速をつける事や自分を守る狼トークンを出す事ができます。場に出た時にトークンで自身を守り、次のターンにプラス能力を使って構え、狼に変身するのが流れでしょうか。

瞬速でクリーチャーを唱える事ができる為、隙が少なくプレイを続ける事ができます。裏面では自身が破壊不能を持つ5/5としてクロックを刻む事ができる為、盤面に影響を与えるカードではないでしょうか。奥義はありませんが、非常に強力なPWでしょう。

赤緑系のデッキでよく採用されている同じ4マナ域のPW《反逆の先導者、チャンドラ》と比べると、トークンを出すので擬似的にしか自身を守れない事、リソースの確保はできない事を始め違いが多く、一概に良し悪しの判断は出来ませんが、裏面で自身がクロックとなりライフを迅速に攻めれる点を私は高く評価しています。

~ テイク ~

敬虔な新米、デニック

表面は、《地の封印》の能力を持ったクリーチャー。

全ての墓地に影響する為、自身の墓地を守りつつ、リアニメイトデッキに対する対策等にもなります。ただし、その性質上、《瞬唱の魔道士》を扱うようなデッキでの運用には注意が必要です。

降霊された場合には、クリーチャーが墓地に行く度に調査を行う全く違った性質を見せてくれます。この能力は、クリーチャーがどこから落ちても誘発する為、ルーティング系の能力や発掘等、様々な組み合わせが考えられますね。

表面の墓地を守る能力と、裏面の墓地活用能力。今回収録される、《信仰の繕い》《異世界の凝視》等と組み合わせる事で、青白ベースのドレッジのようなデッキも構築可能となったのではないでしょうか。コントロールのように振舞いながら、状況に応じて墓地を肥やして、墓地からクロックを形成する。コンセプトとしては、なかなか楽しそうですし、その可能性に期待したいですね。

総括

いかがだったでしょうか。

ここ最近、モダンホライゾン2を除いては、モダン的には大人しいセットが続いていただけに、今回はなかなかパワフルなセットに感じられます。

4枚採用が見込めそうな《考慮》をはじめ、メインボードで活躍できそうなカードが多数見受けられる上、《辺境地の罠外し》のようなサイドボードで活躍できそうなカードも一定数存在しています。新しいルーティングこと、《信仰の繕い》がどうなるかも楽しみでなりません。

環境激変とは行かないでしょうが、少なからずモダンに影響を与えてくれそうな、モダンプレイヤーにとって楽しめるセットとなってくれそうですね。

セット評価カテゴリの最新記事