セット評価:「イニストラード:真夜中の狩り」(前編)

セット評価:「イニストラード:真夜中の狩り」(前編)

2021年9月24日に発売となる、「イニストラード:真夜中の狩り」。

プレビューの段階から、強そうに思えるカードがいくつも紹介されてきましたが、モダンで活躍できそうなカードはどの程度あるのでしょうか。今回は、「イニストラード:真夜中の狩り」のカードの中から、モダン視点で活躍できそうなカードをピックアップしてご紹介していきます。

なお、この記事では白、青、黒の3色について取り扱っています。赤色以降については後編をご覧ください。

※想像以上に多数であった為、前後編にてお届けします。

聖戦士の奇襲兵

解呪》内蔵クリーチャー。同様のものとして《クァーサルの群れ魔道士》が代表的ですが、こちらは瞬速による相手の行動への対応のし易さが魅力的です。

賛美こそ持ちませんが、自身のクロックは《クァーサルの群れ魔道士》と変わらない3点を持つ為、アタッカーとしても十分活躍出来る点が良いですね。《夢の巣のルールス》による再利用が可能なマナ域でもありますし、白いデッキのサイドボードで見かける機会は十分にありそうです。

静寂の呪い

鼻もマスクした方がいいですよ

相手の行動を制限するエンチャント。アドグレイスのような特定のカードに依存したコンボデッキに対して、キーカードを指定する事でコンボの始動を大幅に遅らせる事が可能です。

常に《呪文貫き》を構えた状態にできる上、いざ突破されようともカードを1枚ドローする事もできる為、解決策を探す助けにもなってくれます。ただし、後引きでは何の意味も持たないカードである為、2枚以上は採用したいですが、群雄割拠のモダンにおいて、そんな枠があるのかと言われれば…。

夢の巣のルールス》で再利用が効く為、コンボデッキに対しての利用だけを想定するのではなく、プレイされたくないカードなら何でも遅らせるカードとして運用する方が、有効活用できそうです。

運命的不在

令和の《流刑への道》!?

インスタント2マナでクリーチャーかPWを破壊できるとんでもないカードです。

類似カードである《流刑への道》との比較は以下の通りです。

流刑への道 運命的不在
マナコスト 1マナ 2マナ
対処方法 追放 破壊
対象 クリーチャーのみ クリーチャーとPW
与えるもの 基本土地 手掛かりトークン
所感 序盤に唱えづらい 序盤に唱えやすい

手掛かりトークンを与える為、《流刑への道》と同様に、アドバンテージ面では損してしまいます。

しかし、基本土地を与える《流刑への道》とは異なり、手掛かりトークンの起動はマナを必要とする為、《流刑への道》よりは序盤に唱えやすいカードです。

最近は《虚空の杯》を採用したコントロールデッキが《流刑への道》を採用せず、除去の枠を全て《虹色の終焉》にしているケースが多いです。

その中で、《虹色の終焉》で対処できない《濁浪の執政》に加えてPWも対処できる為、現コントロールデッキでも、1~2枚は採用する余地があると私は考えます。

他の白を含むデッキも除去として《虹色の終焉》と併用して採用する余地が大いにあると思います。

『ハンマータイムなどの速度が速いデッキも多く存在し、1マナと2マナの差が大きい点』や、『《カルドラの完成体》を装備した細菌トークンなど、破壊不能を有するカードも一定数存在する点』『《夢の巣のルールス》による再利用を許容してしまう点』から、メタゲームによって《流刑への道》と使い分ける形になりそうですね。

~ ぺんぺん ~

ガヴォニーの黎明護衛

昼か夜になる度に、3マナ以下のクリーチャーの補充を行えます。このカードが魅力的なのは、以下の4点です。

  1. ETB能力で昼になる為、以降は半自動で昼・夜の変動=クリーチャーの補充が起きる
  2. 僅かながら、護法(1)による除去耐性を持っている
  3. クリーチャータイプに人間を持つ為、人間デッキでの運用が可能
  4. マナ総量が3である為、《集合した中隊》によって戦場に出られる

枠を争うカードとして、《薄暮見の徴募兵》が存在しますが、起動にマナを含むかどうか、能力を任意のタイミングで扱えるかの違いがあります。こういったクリーチャーを扱うデッキには、《霊気の薬瓶》を扱うものと《集合した中隊》を扱うものがありますが、運用するデッキによってその優先度は変わってくるでしょう。

剛胆な敵対者

2マナ3/1絆魂と、最低限のスペックを持ちながら、マナを注ぎ込む事で自軍の強化まで見込めるこのカード。強化は自分自身にも乗るのが嬉しいですね。

人間デッキへの投入が想定されますが、人間デッキは現状、クリーチャーを唱える時にのみ色マナが使える5色ランドが多く使われている為、場に出た時の能力を有効活用するにはマナベースに工夫が必要となります。

マナベースの問題さえクリアできれば、《霊気の薬瓶》で場に出た時にもこの能力は誘発しますので、人間デッキの大きな新戦力となってくれる可能性は十分にあるでしょう。

~ テイク ~

日金の歩哨

2マナ3/2と十分なスタッツを持っており、アグロデッキに投入した際にも、相手にプレッシャーをかける事ができます。

また、場に出た時と攻撃する時に、墓地のカードを追放できる能力を持っています。墓地を利用するデッキが増えている現環境において、メインボードから少しばかりではありますが、干渉できるのは素晴らしいと考えます。対策カードとして投入した際も、先述の通りパワー3は力強く、早急にゲームを進める事ができます。

新たなキーワード能力である集会が起動できるタイミングでは、除去耐性を得る事に加え、ブロックされない能力によって、残り数点を詰める際に役立つかもしれませんね。

~ テイク ~

黄昏の享楽

令和の《機を見た援軍》!?

対戦相手依存のカードになりますが、非常に強力なカードです。

類似カードである《機を見た援軍》との比較は以下の通りです。

機を見た援軍 黄昏の享楽
マナコスト 3マナ 2マナ
ライフゲイン 6点 4点
生成クリーチャー数 3体 2体
ドロー なし あり
所感 2アクションが取りづらい

2アクションが取りやすい

瞬唱の魔道士》で唱えやすい

まず、《機を見た援軍》は主にコントロールデッキがバーンや死の影デッキ、BGミッドレンジなどに対して、自分が得意なレンジまで時間を稼ぐ為に採用しているカードになります。

バーンデッキに対して

頭蓋割り》が存在し、相手の土地が2枚以上起きている場合は、《機を見た援軍》をすぐに唱える事は難しい状況があります。

一方、こちらが先手2ターン目の場合は、相手も《頭蓋割り》を構える事が出来ない為、確実にライフゲインが可能ですし、1ターン目に《僧院の速槍》などに攻撃された際は確実に人間トークンも生み出してくれる為、《黄昏の享楽》の方が使いやすいです。(《瞬唱の魔道士》のフラッシュバックを合わせても4マナでプレイできる点もうれしいですね。)

死の影デッキやBG系のミッドレンジなどに対して

これらのデッキは除去呪文が1対1交換のものが多く、クリーチャーも回避能力も少ないケースが多い為、クリーチャー数、ゲイン数も多い《機を見た援軍》の方が有効と考えます。(こういったデッキと戦う際は2マナと3マナの差はあまり大きくなく、単純にカードパワーが高い方が良いケースが多いと考えます。)

以上の事から、モダン環境から《機を見た援軍》が無くなる事は全くなく、メタゲームによって使い分けられる形になると私は考えます。

なお、1ドロー能力を初めに見た際は『とんでもないカードが出てきた!』と思いましたが、冷静に考えると、コントロールとして使用する際はドローできる機会はほぼ無しと考えてもよいと思います。消耗戦の末やマリガンを多く行った際に補填してくれる可能性もありますが、当てにはしない方が良いと思います。

~ ぺんぺん ~

Advertisement

考慮

この機械欲しい

血清の幻視》《選択》に代表される青1マナのキャントリップ呪文に新たな選択肢が登場しました。モダンでは、少なからず墓地を活用するデッキが多数存在しており、頻繁に見かける呪文となりそうです。対抗馬として上がってきそうな《血清の幻視》《選択》《思考掃き》、これら3枚との比較を行っておきましょう。

  • 長いゲームを見据える場合には、デッキトップの操作枚数の多い《血清の幻視》が強い
  • 墓地に落ちて欲しくないカードが多いデッキでは、《選択》が強い
  • 探査などを目指したい、墓地を肥やす事においては、《思考掃き》が強い

現在の環境では、イゼットテンポが《血清の幻視》や《選択》を採用していますが、昂揚の達成・《濁浪の執政》の探査コスト・《瞬唱の魔道士》の存在、以上の3点から、おおよそ全て《考慮》に挿し代わる事が予想されます。青赤ストームにおいても、《選択》の枠は全て《考慮》に代わると見て間違いないでしょう。

しかし、グリクシスシャドウのような、最速での探査を目指すデッキにおいては、《思考掃き》より優先される事はなく、追加で取られる《血清の幻視》等との枠争いになりそうです。

消えゆく希望

強い《送還》に追加の選択肢です。今まで最も活躍している強い《送還》と言えば、《蒸気の絡みつき》が存在していますが、あちらが攻撃的であるのに対して、今回の《消えゆく希望》は防御的です。

そもそもの話となりますが、大前提としてバウンスという要素は弱いです。脅威の排除としては一時的なものであり、マナとターンこそ奪いますが、カードとしては1枚損してしまいます。場合によってはETB能力を再利用される事にもなります。

その上でこういった呪文を使うデッキが存在しているのは、一時凌ぎで十分であるからに他なりません。《蒸気の絡みつき》は、正にそういったデッキにとって適した呪文でした。青を含む高速アグロデッキが、一時凌ぎをしている間に殴り切ってしまえばいい為、おまけの1点ダメージもバカにできません。

では、今回の《消えゆく希望》はどうでしょうか。おまけの占術1は、カードを探す手助けとなってくれます。時間稼ぎをしつつ、特定のカードを探して勝ちたいデッキ…、青赤ストームが当てはまりそうです。

青赤ストームでは、サイドボードに《稲妻》が採用されているのが一般的です。《稲妻》は驚異の排除に加え、《ぶどう弾》や《巣穴からの総出》によるフィニッシュにかかるダメージを、少しだけサポートしてくれます。今回の《消えゆく希望》は、ダメージサポートこそ出来ませんが、脅威を一時的に排除しつつカードを探す手助けができますし、《ゴブリンの電術師》等を守る動きも取れます。

現状、すごく強いカードとは言えませんが、十分に採用を検討できるカードにはなりそうです。

記憶の氾濫

令和の《嘘か真か》!?《時を越えた探索》!?

インスタントタイミングで2枚のカードを手札に加える事が出来るアドバンテージ獲得カードです。

類似カードである《嘘か真か》との比較は以下の通りです。

嘘か真か 記憶の氾濫》(フラッシュバック)
マナコスト 4マナ 4マナ(7マナ)
獲得枚数 平均2~3枚 2枚(2枚)
掘れる枚数 5枚 4枚(7枚)
フラッシュバック なし あり
墓地 選ばなかったカードは墓地 選ばなかったカードはデッキボトム
情報 選んだカードを相手に知られる 選んだカードは相手に知られない
所感

墓地を利用するデッキで有効

7マナに届かないデッキで有効

墓地を利用しないコントロールデッキで有効

素打ちを想定しない墓地利用デッキで有効

現環境では、《嘘か真か》は主にコントロールデッキで利用されております。

嘘か真か

欲しいカードは枚数が少ない方に分けられてしまい、獲得量もおおよそ2枚である事が多いです。

また、手札に加えたカードを相手に知られてしまう為、情報アドバンテージも与えてしまいます。

しかし、選ばなかったカードは墓地へ落ちる為、『墓地を再利用するカードが多い』『フラッシュバックの7マナまで伸びずらい』デッキの場合はこちらのカードに軍配が上がると考えます。

記憶の氾濫

『相手に内容を悟られずに2枚を手札に加える事が可能』かつ、フラッシュバックで唱えると《時を越えた探索》になる為、『自分の墓地を利用するシーンが少ない』『フラッシュバックで唱える事も現実的である』青白コントロールであれば採用される余地が大いにあると私は考えます。

相手に手札のカードがばれない事は非常に大きいです。私はこのカードを大いに推します。

余談ですが、支払ったマナコストを参照する為、《スレイベンの守護者、サリア》などでマナコストが増えている場合は、見る事ができる枚数も多くなります。

~ ぺんぺん ~

異世界の凝視

ライブラリーのトップ操作と、墓地肥やしを同時に行える器用なカード。アドバンテージこそ損失しますが、今回収録される《信仰の繕い》の存在も相まって、新たなドレッジの可能性を感じさせてくれます。

ドレッジの話になってしまいますが、墓地を肥やすという点においては《秘本掃き》が比較対象として挙がると思われます。《秘本掃き》は瞬間的な速度で上回りますが、こちらはトップ操作を最大2回行える点が魅力です。サイドボード後まで見据えた、75枚の中の1枚として考えた場合には、トップ操作によって《自然の要求》のような対策カードを探せる為、より良い選択肢となるのではないでしょうか。

フラッシュバックコストも2マナと安いので、ドレッジに限らず、コンボデッキ全般において扱える可能性を模索したい1枚ですね。

鍵の秘密

変則的なドロー呪文です。マナこそかかりますが、合計でカードを3枚引けます。通常は《考慮》や《嘘か真か》、《ヒエログリフの輝き》より優先される事は無いでしょうが、手掛かりトークンを活用できるデッキでは、話は別です。

最高工匠卿、ウルザ》《ウルザの物語》を扱うデッキや、《不屈の独創力》デッキでは選択肢として挙がってくる可能性があります。また、置いておけるドローである為、《ヴェールのリリアナ》に耐性がある点もプラス評価できるところでしょうか。

幽体の敵対者

2マナ2/1に瞬速・飛行と十分なスタッツに加えて、おまけでフェイズ・アウトする事も可能なスピリット。このサイクル全般に言える事ですが、能力がETBである為、ブリンクによる再利用が可能となります。

追加コストも1青と現実的なものであり、スピリットや5cエレメンタル等、採用が検討できるデッキは一定数存在しそうです。

このカードに限った事ではありませんが、フェイズ・アウトは比較的珍しい能力である上、非常にややこしい能力である為、ルールについてはよく確認しておきましょう。

殴打頭蓋》のついたトークンをフェイズ・アウトしても、装備品は外れませんし、何なら《殴打頭蓋》本体も間接フェイズ・アウトします。フェイズ・アウトした《束縛なきテレパス、ジェイス》の忠誠値はそれ以前のままですし、《ヴリンの神童、ジェイス》に戻りもしません。フェイズ・インする際にETB能力も誘発しません。

私的には、できればあまりこの能力のカードを増やして欲しくないですね。

Advertisement

滅びし者の勇者

ゾンビになってしまった《教区の勇者》。クリーチャータイプ:ゾンビなので、《墓所這い》との相性が非常に良く、生け贄ギミックを組み込んでやれば、どんどんサイズを上げられます。

除去されてしまってた場合にも、《発掘》などで呼び戻した後、先のサイズアップを再度行えるのは、《教区の勇者》にはない利点です。このカードに加え、ゾンビのロードである《縫込み刃のスカーブ》も収録されていますので、モダンにゾンビデッキが現れる可能性を感じさせてくれます。

~ タマーン ~

踊り食い

クリーチャーを生け贄に捧げる事で、1マナでクリーチャーかプレインズウォーカーを追放除去できる呪文。比較対象には、先のモダンホライゾン2で収録された《骨の破片》が挙がるでしょうか。

ディスカードも条件として選べて扱いやすい分、追放ではない《骨の破片》と、追加4マナでも支払える今回の《踊り食い》。共にクリーチャーの生け贄を条件の1つとして持つ点は同じなので、残りの要素をどう扱えるかで適したデッキは変わってきそうです。

墓地からカードを戻せるギミックを持つデッキ、例えば《アスモラノマルディカダイスティナカルダカール》と《地獄料理書》、《楕円競走の無謀者》を組み込んだようなデッキでなら、《骨の破片》の方が扱いやすいでしょう。或いは、追加4マナを支払える可能性の高いデッキでは、今回の《踊り食い》が選択肢に挙がってきそうです。

不正行為

変則的なキャントリップ付きの除去呪文。パワーが2以下と限定的でありますが、2:1交換ができるのは魅力的です。

現在の環境では、《ドラゴンの怒りの媒介者》《タルモゴイフ》《創造の座、オムナス》を始め、対象外となるものが多いですが、環境が大きく変わればサイドボードに1枚くらいは採用の可能性も出てきそうなカードです。1000枚は要りませんが、1枚は買っておいて良さそうです。

冥府の掌握

黒の確定除去呪文と言えば、《破滅の刃》《喉首狙い》等、何かしらの制約付きのものが多かったのですが、ついに何でも除去できるものが登場しました。《終止》と違って単色で済む代わりに、2点ライフの支払いが必要となっています。

ジャンドサーガやグリクシスルールス等、《終止》を採用するデッキは複数見受けられますが、黒赤のコストは意外と扱いづらい為、散らしての採用は十分考えられるでしょう。2点ライフを痛みを伴いますが、唱えられない可能性に比べれば些細なものとも言えます。

マナベース次第ではありますが、3色以上のデッキを中心に、一定数見かけるカードとなってくれそうです。

食肉鉤虐殺事件

全体除去と《血の芸術家》を組み合わせたようなカード。このカードが魅力的なのは、除去能力はあくまでオプションとして運用できる点です。

状況次第では全体除去として運用できる上、ゴルガリヨーグモスやヘリオッドカンパニーのような、生け贄ギミックを搭載するデッキのキーパーツの1つとして使用できます。Xを支払う事に囚われず、X=0でもコンボパーツの1枚として機能する事に着眼すれば、魅力的な1枚に見えてくるのではないでしょうか。

穢れた敵対者

敵対者サイクルの黒。追加コストを支払った倍の数の、腐乱持ちの2/2ゾンビトークンを生み出します。

腐乱持ちの為、ブロッカーとしては扱えませんが、本人自身のサイズアップも相まって、これ一枚で一時的に大きなクロックを形成できます。

本人、トークン共にゾンビである為、先述の《滅びし者の勇者》とも好相性なのも見逃せません。

~ タマーン ~

後編へ続く

本記事は、ここまでになります。赤色以降については、後編にて取り扱っておりますので、そちらも併せてご覧ください。

セット評価カテゴリの最新記事