《ウルザの物語》を使いこなせ

モダンホライゾン2(以下、MH2)に収録されたカードの中で、大きな注目を集めている《ウルザの物語》。リリース以降、様々なデッキで採用が試みられ、このカードの全容が分かり始めてきました。今回は、現時点で判明している《ウルザの物語》の全容についてお伝えしていきます。

《ウルザの物語》とは何か

ウルザの物語の構成要素は、以下の3点です。

  1. 無色マナを生み出す土地・エンチャントである
  2. 実質3マナで、構築物トークンを妨害されずに生成できる
  3. 0か1マナのアーティファクトを、ライブラリーから戦場に出した後、自壊する

上記に含まれていない、「ウルザの」をサブタイプに持つ等、現時点で活用されていない要素は、今回は無視していきましょう。

構築物トークンを妨害されずに生み出せる

構築物トークンと言えば、モダンでは《最高工匠卿、ウルザ》が活躍した実績があります。そちらでは、4/4程度で出てくる事が多かった印象ですが、今回はどうでしょうか。

ウルザの物語》では、2章で能力を獲得して以降、2回トークンを生成するチャンスがあります。更に、その後デッキからアーティファクトが呼び出されますので、その時点で3/3のサイズとなります。これは、あくまで《ウルザの物語》単体でこなしている状態ですので、少し手を加えてやれば、より大きなサイズで呼び出す事も難しい話ではありません。

ある程度以上のサイズが期待できるトークンを2体生成できる。この時点で、カード2枚分の働きを《ウルザの物語》はこなせる事になります。

アーティファクトをライブラリーから戦場に出す

0か1マナのアーティファクトを戦場に呼び出せる能力ですが、注意すべき点として、これはマナ総量ではありません。

マナ総量は0か1だけども…

ポータブル・ホール》や《太陽のタリスマン》、《仕組まれた爆薬》等はマナ総量こそ0か1ですが、マナコストはそうではありません。《ウルザの物語》から探し出せるのは、あくまでカードに印刷されたマナコストが0か1のものに限られるのです。

サーチ先として代表的なものは、以下の画像の通りです。

呼び出せるアーティファクトの一例

それなりに機能別に並べたつもりですが、見にくいかもですね、すみません。

さて、おおよそ使えそうなものを全て表示したつもりですが、いかがでしょうか。《ウルザの物語》をフル搭載するのであれば、実質的にこれらを待機2付きで4枚追加採用できると言い換える事も可能です。とても魅力的ですよね。

これらの中から一部を取り上げて、順に見ていきましょう。

《真髄の針》

このカードについては、一枚だけで話すべきカードであると考えます。マナ能力でない起動型能力を封じるという、モダンに数あるカードの中でも、極めて特殊な機能を有するこのカード。

一見地味ながら、その柔軟さ・強力さは語り始めたらキリがありません。

よくある状況としては、プレインズウォーカー(以下、PW)、フェッチランドを封印してしまうものです。特に、フェッチランドに対する動きは強力で、早いターンにフェッチランドの動きを止めてしまえばイージーウィンも狙えてしまいます。フェッチランドを散らす1フェッチランドを散らす:デッキのマナベースを支える上で重要なフェッチランドですが、《真髄の針》のように妨害される要素も存在します。これを少しでも回避する為、例えば《》を含む土地が探せれば何でもいいのなら、《溢れかえる岸辺》《汚染された三角州》《沸騰する小湖》《霧深い雨林》から任意の枚数ずつで構成する事で、被害を最小限にする構築思想です。という考えは、この《真髄の針》や《外科的摘出》を見越しての構築思想であると言えますね。

ウルザの物語》を使用するのであれば、《ミシュラのガラクタ》も併用されるかと思いますので、デッキトップにフェッチが見えたら刺すべきか検討しましょう。

《呪詛の寄生虫》

パーマネント上のカウンターを減らせる珍しい能力を持ったカード。自身の《ウルザの物語》の伝承カウンターを減らせば、自壊を避けられますし、PWの対処にもなり得ます。

マナサポート

モックス・アンバー》《バネ葉の太鼓》は、マナベースを改善します。《モックス・アンバー》については、デッキ構築の段階である程度の伝説のクリーチャー・プレインズウォーカーを必要としますが、それさえクリアしているのであれば、1枚採用は検討の余地があります。

対して、《バネ葉の太鼓》は《ウルザの物語》と相互作用のある、非常に便利なカードです。出したばかりのトークンは召喚酔いをしており、尚且つ《ウルザの物語》が自壊したのであれば、その穴を埋める事も可能です。余談ではありますが、近頃増加傾向のあるジャンドサーガなどでは、《ドラゴンの怒りの媒介者》をタップする事でアタック強制を避ける手もあります。

各種墓地対策

モダンのような下環境では、必ず存在する墓地利用。殆どのデッキが何かしらの形で墓地を利用しますが、それらの中でも飛びぬけて墓地に依存したデッキが一定数存在します。それ故、モダンでは(特にサイドボード後には)墓地対策が欠かせないのですが、それらを必ず呼び出せるのは非常に強力と言えます。

これらの中でも、《魂標ランタン》や《虚無の呪文爆弾》は、最低限キャントリップにもなりますので、メインボードから採用を見込めるのが嬉しいですね。

各種呪文爆弾

ミラディン等で収録された「呪文爆弾」シリーズ。それぞれに、各色特有の能力が含まれており、除去やバウンス、ライフ回復等、状況に応じて必要となる様々な能力を与えてくれる上、不要であればキャントリップとして最低限の動きもできます。

各種キーカード

精力の護符》《魔女のかまど》《地獄料理書》《巨像の鎚》、これらは特定のデッキを機能させるキーカードになります。これらを実質的に4枚追加できる事で、デッキの安定化に大きく貢献します。また、こうしたキーカードを用いた戦略を取るデッキに、《ウルザの物語》が生成する構築物トークンによるクロック戦略を追加できる為、多角的な攻めを可能にしてくれる利点もあります。

アーティファクトのサーチ総括

上記、サーチできるアーティファクトは、サイドボードを中心に採用実績が多数あるもので溢れています。キーカード・メタカードを実質的に4枚追加している為、デッキの動きが潤滑になります。これは、自身の取りたい戦略を後押ししてくれるだけでなく、特定のデッキに対してはサイドボード後のゲーム展開をより優位に進められる事となります。

また、これらアーティファクトを探し出す事で、構築物トークンと合わせてカード3枚分の働きをする事となり、土地を失うデメリットを差し引いても2枚分のカードアドバンテージを得られる結果となります。

Advertisement

《ウルザの物語》を強く運用する

ここからは、現在最も上手く《ウルザの物語》を運用していると思われるデッキを3つ取り上げてご紹介します。

ジャンドサーガ

 Ikashy – ジャンドサーガ
[Magic Online] Modern League – 2021/9/3(5-0)
– メインボード(60)-
– 土地(23)-

2《黒割れの崖
1《血の墓所
4《血染めのぬかるみ
1《
1《
1《育成泥炭地
1《草むした墓
1《踏み鳴らされる地
1《
4《ウルザの物語
2《新緑の地下墓地
4《樹木茂る山麓
– クリーチャー(12)-

4《ドラゴンの怒りの媒介者
4《敏捷なこそ泥、ラガバン
4《タルモゴイフ
– スペル(25)-
4《レンと六番
4《コジレックの審問
2《思考囲い
3《致命的な一押し
4《邪悪な熱気
4《ミシュラのガラクタ
1《虚無の呪文爆弾
1《真髄の針
1《黄鉄の呪文爆弾
1《影槍
-サイドボード(14)-

1《致命的な一押し
1《思考囲い
2《高山の月
1《古えの遺恨
2《虚空の杯
1《仕組まれた爆薬
1《コラガンの命令
2《終止
2《倦怠の宝珠
1《虚空の鏡
– 相棒(1)-
1《夢の巣のルールス

ジャンドにMH2での強力な赤いカード3種を盛り込んだうえ、《ウルザの物語》までをも取り込んだ意欲作。

ウルザの物語》がエンチャントを含み、自壊する事から《タルモゴイフ》は最大7/8まで育つ驚異的なサイズのクロックとなります。《ウルザの物語》から探し出される《影槍》によって、トランプルを付与された《タルモゴイフ》を止める事は簡単な事ではありません。

レンと六番》はマナの安定化だけでなく、《ウルザの物語》の再利用もでき、継続的な脅威の提供を約束してくれます。

相棒の《夢の巣のルールス》まで含めて、墓地への依存度が非常に高くなってしまっていますが、そこで活きるのが《ウルザの物語》です。《ウルザの物語》による構築物クロックは、墓地対策では止める事ができず、このデッキとの戦いをより一層難しくしています。

ハンマータイム

rexjak – ハンマータイム
[Magic Online] Modern Challenge – #12335533(2nd)
– メインボード(60)-
– 土地(22)-
1 《永岩城
4 《墨蛾の生息地
4 《無声開拓地
9 《冠雪の平地
4 《ウルザの物語
– クリーチャー(22)-
4 《エスパーの歩哨
2 《巧妙な鍛冶
4 《メムナイト
4 《羽ばたき飛行機械
4 《純鋼の聖騎士
4 《石鍛冶の神秘家
– スペル(16)-
1 《鋼打ちの贈り物
1 《流刑への道
4 《巨像の鎚
1 《頭蓋囲い
1 《影槍
4 《バネ葉の太鼓
4 《シガルダの助け
– サイドボード(14)-
2 《流刑への道
2 《ドラニスの判事
1 《静寂をもたらすもの
1 《万力鎖
4 《ヴェクの聖別者
2 《浄化の印章
1 《魂標ランタン
1 《虚空の鏡
– 相棒(1)-
1 《夢の巣のルールス

ウルザの物語》によって最も強化されたデッキが、このハンマータイムでしょう。キーカードの1つである《巨像の鎚》を探し出せる為、これまで複数枚採用されていた《鋼打ちの贈り物》はその枚数を減らしています。

デッキ内のアーティファクトの多さから、《ウルザの物語》が生み出す構築物トークンも十分なサイズのものとなり、このデッキが今まで持ち合わせなかった多角的な攻めを可能としています。

ウルザズキッチン

Hirose Yoshiyuki – ウルザズキッチン
[晴れる屋高松店] The Last Sun 2021 予選 モダン(2nd)
– メインボード(60)-
– 土地(22)-

4《汚染された三角州
3《沸騰する小湖
1《血染めのぬかるみ
4《ウルザの物語
3《闇滑りの岸
2《湿った墓
1《蒸気孔
3《
1《
– クリーチャー(21)-
4《思考の監視者
3《通りの悪霊
4《楕円競走の無謀者
2《最高工匠卿、ウルザ
4《湖に潜む者、エムリー
4《アスモラノマルディカダイスティナカルダカール
– スペル(17)-
3《金属の叱責
1《バネ葉の太鼓
1《影槍
1《虚無の呪文爆弾
1《上天の呪文爆弾(Aether Spellbomb)》
4《地獄料理書
2《仕組まれた爆薬
4《ミシュラのガラクタ
– サイドボード(15)-
3《思考囲い
2《致命的な一押し
1《虚無の呪文爆弾
1《真髄の針
1《黄鉄の呪文爆弾
2《狼狽の嵐
2《減衰球
2《厚かましい借り手
1《引き裂かれし永劫、エムラクール

MH2リリース後、比較的初期に活躍していたウルザズキッチン。半永久的な食物トークンの生成によって、巨大化した構築物トークンはいとも容易く戦場を支配します。

アスモラノマルディカダイスティナカルダカール》によるクリーチャー処理も併せ持つ為、見かけ以上にボードコントロール力に長けたデッキです。

ただし、これは《地獄料理書》一式を備えたデッキ全般に言える事ですが、《アスモラノマルディカダイスティナカルダカール》《地獄料理書》《通りの悪霊》《楕円競走の無謀者》と、最大16枚のスロットを必要とする為に、デッキの構築自由度が低くなってしまっているのは気にかかるところです。もう少し、それぞれが単品で強ければ良かったのですが…。

《ウルザの物語》を使いこなせ

ウルザの物語》について、その概要と活用している代表的なデッキをご紹介してきました。《ウルザの物語》は非常に複雑なカードです。構築物トークンを生成するべきか、マナを使って呪文を唱えるべきか、何をサーチしてくるべきか、デッキ構築・プレイ共に考えなければならない事に溢れています。

パワーカードである事は間違いありませんが、適当にデッキに入れれば活躍できる訳でもありません。MH2が生み出したこの強力な英雄譚を、更に強く運用できるデッキが現れるのか、今後の環境の動きに要注目です。


脚注一覧

  • 1
    フェッチランドを散らす:デッキのマナベースを支える上で重要なフェッチランドですが、《真髄の針》のように妨害される要素も存在します。これを少しでも回避する為、例えば《》を含む土地が探せれば何でもいいのなら、《溢れかえる岸辺》《汚染された三角州》《沸騰する小湖》《霧深い雨林》から任意の枚数ずつで構成する事で、被害を最小限にする構築思想です。

特集記事カテゴリの最新記事